ワキガの臭いの原因について

ワキガと聞くと
誰もが脇から臭うものだと想像しますが
実は、脇だけに問題がある訳ではなく
脇と触れ合う服や毛により
あの独特な臭いが出ます。

私も、昔は脇から臭いが出ている
と思っていた一人でした。

しかし、それは大きな間違いで
脇から出る汗が毛や服に染み込み
そこに雑菌が発生することにで
臭いが出ているのです。

人間は誰しも毛穴があり汗をかくものです。

多汗症という言葉もあるように
汗をかく量も人それぞれ違います。

多汗症であってもワキガではない人もいます。

どういうことか?
と言いますと人間には二つの
アクアポリン汗腺とエクリン汗腺があります。

しかし、ワキガの人は
他の人に比べてアクアポリン汗腺からでる汗が
多いのが特徴です。

なので、多汗症であっても
アクアポリン汗腺から出る汗が通常であれば
ワキガの臭いではないのです。

アクアポリン汗腺は
脂質やタンパク質などを多く含む汗を出します。

その汗が洋服などに染み付き
脂質やタンパク質など含んだ汗により
雑菌を発生させてしまいます。

その雑菌が分解され
鼻をさすように悪臭となります。

逆に、脇部分に服が当たらなければ
ワキガの臭いは軽減されたりします。

脇の汗が何かに付着することにより
雑菌が発生するという事です。

 

 

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です