ワキガの手術方法には種類が有って効果も違う

ワキガにも種類が有るので、それぞれの症状に有った方法でなければ手術する意味が無くなってしまいます。
それに治ったから絶対に再発しないというワケでも無いですし、臭いが完全に消えない事も有るのです。
人から気が付かれるような強烈な匂いはしなくなりますが、自分自身気になってしまうかもしれません。
そのようなケースを極力避けるためにも手術を受ける前にワキガのタイプを知り、それに有った適切な処置方法を探す事が大切です。
ちなみに保険が効いて症状が重くても効果が出るのが、剪除法と呼ばれる手術です。
剪除法は脇のシワに合わせてメスを入れ、皮膚を反しながらアポクリン汗腺を取り除くという方法です。
皮膚を反す事でアポクリン汗腺を直視しながら取り除けるので、高い確率で脇の臭いを抑えられます。
また上記の手術以外なら原因となる物質を吸引してワキガを治す方法や、超音波によって治療を行う方法も有ります。
切開しないため重度の症状にはあまり効果が見られなかったりもするのですが、症状が軽かったり重度でも体質によっては切らずに行える治療の方が適している事も多いです。
なのでまずは病院に行って症状をきちんと説明し、相談の元でプランを決定しましょう。

パンプス臭い※パンプスの臭い対策・消す方法のまとめ

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です